水温は約30〜40℃で濡らします。

40℃を超える湯を使用すると、皮脂分泌やかゆみの悪化、乾燥の可能性があります。

② 本シャンプーの前にプレシャンプー(汚れ落とし)をしても良いです。

③ シャンプー剤は、事前に泡立てます

  1. 直接皮膚や毛に塗布するのではなく、事前に泡立てることが重要です。
  2. 木目の細やかな泡を立てることで皮膚から皮脂汚れを浮かせる力が高まります。
  3. 泡がクッションとして働き皮膚への摩擦刺激を緩和します。

④ シャンプーはマッサージするように優しく行って下さい。

泡立てたシャンプーを毛の方向に沿いながら皮膚をマッサージするように揉み込みます。

⑤ シャンプー剤を約10分間つけたままにします

⑥ 30~40℃のぬるま湯でよくすすぎます。

⑦ ドライングの工程は重要です。

  1. 皮膚や毛に水が残ると、皮膚が乾燥するリスクがあります。
  2. しかし過度な温風の使用や、タオルでの摩擦は脂漏やかゆみの増悪、皮膚バリア機能障害を招く可能性が懸念されます。
  3. 吸水性の高い、柔らかいタオルで十分に水を吸い取り、その後にドライヤーをして下さい。
  4. 保湿のためにはドライヤーは必ず使用しなくても良いです。(タオルドライだけでもかまいません)
  5. 冷風で乾かします

⑧ シャンプーの回数は、週に1~2回行い、2週間後に様子を見ます

週に2回が困難な場合は、週1回は行うようにして下さい。 *治癒後は、シャンプーの頻度や種類を変えていきます。

INFORMATION

イヌ&ネコ皮膚科クリニック

〒790-0825 愛媛県松山市道後樋又3-19 トイズパーク1F

tel.089-950-4857

受付時間
午前 9:30〜12:00 × × × ×
午後 13:00〜18:30
※最終受付18:00
× × ×
薬浴日 - - - - -

●午前9:30〜12:00
●午後13:00〜18:30(最終受付18:00)