2021.03.19

マラセチア皮膚炎

かゆいフケ・カサブタベタツキ脱毛赤い

ひょうたん型に見えるものがマラセチアです。

・皮脂を栄養として増えるため、皮膚がベタベタしやすい季節(夏)は増えやすいです。

 

 

マラセチア性皮膚炎とは?

カビ(真菌)の1種で、健康なワンちゃんの皮膚にも存在します。

②何らかの原因で過剰に増幅して皮膚トラブルを起こした皮膚炎です。

③どの年代でも見られます。

 

 

原因

環境:高温多湿で起きやすいです。

皮膚のバリア機能の低下:加齢やアトピー性皮膚炎などがあります。

体質脂っぽいワンちゃん(シーズー、コッカ―・スパニエル、パグ、バセットハウンド、柴犬など)に多いです。

④食事:脂の多い食事が影響します。

⑤その他:不適切なケアなどが関係します。

*特にアトピー性皮膚炎のワンちゃんでは、マラセチアの増殖が高頻度でみられ、皮膚症状の増悪因子の一つとして注目されています。

 

 

症状

①皮膚の赤みかゆみがあります。

②体のにおいが気になる場合もあります。

③症状が続くと皮膚の厚みが増します。

外耳炎になることもあります。

 

 

治療

薬物療法:飲み薬や塗り薬を使用します。

シャンプー:定期的に状態に合ったシャンプーでの薬浴、保湿などを実施します。

薬浴方法をご参照下さい。

注)アトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎(脂っぽい)により、2次的に起こることが多く原因となるこれらの病気の管理が必要です。

INFORMATION

イヌ&ネコ皮膚科クリニック

〒790-0825 愛媛県松山市道後樋又3-19 トイズパーク1F

tel.089-950-4857

受付時間
午前 9:30〜12:00 × × × ×
午後 13:00〜18:30
※最終受付18:00
× × ×
薬浴日 - - - - -

●午前9:30〜12:00
●午後13:00〜18:30(最終受付18:00)