2021.03.19

甲状腺機能低下症

カサカサベタツキ脱毛

甲状腺機能低下症とは?

・ホルモンバランスの不均衡により生じるトラブルです。

・皮膚や毛の症状だけでなく、全身の症状を伴うことが多いのが特徴です。

・特に中高齢の犬に発生が多いですが、大型犬では2~3歳で発症することもあります。

・甲状腺のホルモンは体の代謝を調節をしています。

毛の成長を促進する作用があるため甲状腺の機能が低下した場合、脱毛が生じます。

原因

自己免疫により、甲状腺ホルモンが分泌されないため起きます。

 

 

症状

<皮膚症状>

①皮膚症状は左右対称に分布します。

②頭・横っ腹・太ももの後ろ側などが広範囲に脱毛する傾向があります。

③多くの場合かゆみはなく、脱毛が認められます。

④鼻や尾の脱毛(ラットテイル)と色素沈着が見られます。

⑤皮膚が腫れぼったくなる、脂漏症などがあります。

 

<皮膚以外の症状>

①全身の代謝が落ちるため、体重増加活動性低下食欲低下などが見られます。

②また、脈拍低下、体温低下などもあります。

治療・予後

薬物療法:ホルモン調節剤によって良好に管理が可能です。

生涯、甲状腺ホルモンの服用が必要です。

INFORMATION

イヌ&ネコ皮膚科クリニック

〒790-0825 愛媛県松山市道後樋又3-19 トイズパーク1F

tel.089-950-4857

受付時間
午前 9:30〜12:00 × × × ×
午後 13:00〜18:30
※最終受付18:00
× × ×
薬浴日 - - - - -

●午前9:30〜12:00
●午後13:00〜18:30(最終受付18:00)