2021.03.26

皮膚糸状菌症

かゆいカサカサフケ・カサブタブツブツ脱毛赤い

皮膚糸状菌とは?

人にもうつる病気です。

・人では感染してかゆみや皮膚炎(ドーナツ状赤い発疹)生じることが一般的です。

・ワンちゃんよりニャンちゃんでの発生が多いです。

 

原因

カビ(真菌)の仲間による皮膚炎です。

②カビの中でも犬小胞子菌(Microsporum canis)が多いです。

(ワンちゃんでは70%、ニャンちゃんでは99%と言われています。)

 

 

症状

円形の脱毛(リングワーム)やかゆみ赤くなります。

②左右対称に発生するのが特徴です。

③初期症状は、足先や顔などの菌が直接接触しやすい部分に出ます。

④初期に症状が出た部位を舐めることで他の部位へ症状が拡大します。

⑤症状の出ている部分と出ていない部分の境界線がはっきりしています。

⑥発疹、赤み、フケ、カサブタなど様々な症状が見られることがあります。

 

 

検査

ウッド灯検査:皮膚糸状菌の1種である犬小胞子菌(Microsporum canis)に感染した際に毛がアップルグリーン色に見えます。

顕微鏡検査:直接顕微鏡で毛を観察します。

培養検査:ウッド灯検査や顕微鏡検査で皮膚糸状菌が検出された毛を培養検査します。

 

 

治療

薬物療法:飲み薬や塗り薬を使用します。

シャンプー:定期的に状態に合ったシャンプーでの薬浴、保湿などを実施します。

薬浴方法をご参照下さい。

同居動物にもうつるため接触は避け、こまめな掃除をすることが必要です。

 

 

予後

①適切な治療により2~3か月で完治します。

②しかし、掃除や消毒、感染ルートを回避を行わないと再発するリスクがあります。

 

INFORMATION

イヌ&ネコ皮膚科クリニック

〒790-0825 愛媛県松山市道後樋又3-19 トイズパーク1F

tel.089-950-4857

受付時間
午前 9:30〜12:00 × × × ×
午後 13:00〜18:30
※最終受付18:00
× × ×
薬浴日 - - - - -

●午前9:30〜12:00
●午後13:00〜18:30(最終受付18:00)