2021.05.18

脂漏症(しろうしょう)

かゆいフケ・カサブタベタツキ脱毛赤い

脂漏症とは?

皮脂のバランスの異常であり、皮脂の量が多くなります。

べたついた皮膚、独特の臭いが特徴的です。

 

原因

①遺伝:特定の犬種において若い頃から症状することがあります。

  脂っぽいワンちゃん(シー・ズー、コッカ―・スパニエル、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアなど)

②代謝:中高齢の場合、代謝に関係するホルモン(特に甲状腺ホルモン)のバランスが悪くなると脂漏症になるリスクが高まります。

③常在菌:脂漏症になると、常在菌のバランスが崩れます。

特にマラセチアが増えやすく、それに伴ってかゆみや皮膚炎が生じることがあります。

④表皮のターンオーバー:皮脂バランスが悪化すると表皮のターンオーバーが変化します。

通常では犬のターンオーバーは3週間ですが、脂漏症では1週間に短縮されフケが多く見られます

⑤皮膚炎:何らかの原因で皮膚に炎症が生じると、二次的に皮脂の分泌が増えることがあります。

⑥環境:高温・多湿の環境では脂腺からの分泌が亢進します。

日本では5~9月に脂漏症の症例が増える傾向です。

⑦食事:年齢ステージに合っていないドッグフードの給与や、糖質・脂質を多く摂取すると脂漏を招きます

 

 

症状

フケ、皮膚や毛のべたつきが見られます。

②かゆみ、赤みがあります。

③左右対称で全身的に症状を認めます。皮膚が擦れる部分にも見られます。

顔のシワ、首の内側、脇や股、指の間、尾の付け根などで症状が目立ちます。

④皮脂の量や成分のバランスが崩れると、表皮のターンオーバーに異常が生じて、フケが多く見られます。

⑧かゆみが慢性化するとゴワゴワ、脱毛、色が黒くなるといった症状へと発展します。

 

 

治療・予後

薬物療法:飲み薬や塗り薬を使用します。

シャンプー:定期的に状態に合ったシャンプーでの薬浴、保湿などを実施します。

薬用方法をご参照下さい。

③環境整備:温度や湿度を適切に管理しましょう。高温・多湿環境は脂漏症を悪化させます。

  夏季には室温25~28℃、湿度60~70%を維持するように意識しましょう。

・栄養管理:適切な栄養バランスの食事を与えて下さい。

*若い年齢で発症した場合:遺伝が関与しているため、根治を期待することは困難で、生涯にわたる治療やスキンケアが必要です。

 

 

 

 

 

INFORMATION

イヌ&ネコ皮膚科クリニック

〒790-0825 愛媛県松山市道後樋又3-19 トイズパーク1F

tel.089-950-4857

受付時間
午前 9:30〜12:00 × × × ×
午後 13:00〜18:30
※最終受付18:00
× × ×
薬浴日 - - - - -

●午前9:30〜12:00
●午後13:00〜18:30(最終受付18:00)