2021.03.19

表在性膿皮症

かゆいフケ・カサブタブツブツ脱毛赤い

膿皮症とは?

・皮膚の表面には様々な細菌が住んでおり、これらの菌を常在菌と呼びます。

・常在菌は外から他の菌が皮膚に付くことを防いでいます。

・しかし、何らかの原因で常在菌が増えて、皮膚の中や毛穴へ入り込んでしまうと皮膚炎が起き、これを表在性膿皮症と呼びます。

犬での発生が多いです。

 

 

原因

ブドウ球菌という細菌です。

梅雨〜夏期の高温多湿の時期に多く見られます。

③皮膚の厚さ:ワンちゃん皮膚は人の皮膚よりも薄いです。薄い皮膚では細菌が皮膚に侵入し易いため、皮膚の細菌感染が起こり易くなると言われています。

④皮膚のpH:ワンちゃんの皮膚のpHがアルカリ性であることも、細菌感染が起こりやすい原因の1つです。

⑤その他:他の疾患による2次的に膿皮症が起きる場合もあります。

アトピー性皮膚炎や、毛包虫症、脂漏症、クッシング症候群、甲状腺機能低下症などがあります。)

 

 

症状

①お腹や背中を中心に比較的強いかゆみを伴うブツブツ(丘疹)やカサブタ(痂皮)が見られます。

赤くなる、皮膚に膿がたまる(膿疱)、黄色いフケや カサブタがドーナッツ状に付着するなどがあります。

 

 

治療

薬物療法:飲み薬や塗り薬を使用します。

シャンプー:定期的に状態に合ったシャンプーでの薬浴、保湿などを実施します。

薬浴方法をご参照下さい。

③他の疾患もある場合、そちらに対する治療も行います。

環境管理:細菌が高温多湿の環境を好むため、気温が高くなってきたら、より一層愛犬の過ごす環境を清潔にするよう心がけて下さい。

 

 

予後

①多くの場合は2〜3週間で皮膚症状は治ります。

②しかし、ブドウ球菌は皮膚にもともと住んでいる菌のため、数をゼロにすることができません。

③したがって、再発が非常に多い病気です。

*犬には犬のブドウ球菌が存在するため、人と犬の間でうつることは基本的にはありません。

INFORMATION

イヌ&ネコ皮膚科クリニック

〒790-0825 愛媛県松山市道後樋又3-19 トイズパーク1F

tel.089-950-4857

受付時間
午前 9:30〜12:00 × × × ×
午後 13:00〜18:30
※最終受付18:00
× × ×
薬浴日 - - - - -

●午前9:30〜12:00
●午後13:00〜18:30(最終受付18:00)